ブログ

BLOG

墓石の建て替え・リフォーム(修理)費用!

墓石のリフォームや建て替えのご相談が多くなりました。

お墓参りに行かれて、「古くなったけれども大丈夫かな?地震でも来たらどうしようか?」とご相談を受ける事が増えました。

建て替え(建て直し)のご相談には、次のようなケースがあります。

①遠隔地の墓石を片付けて、お参りしやすいお近くに新しく墓石をおつくりになる。

②幾つもの古いお墓を片付けて、新しい墓石をおつくりになる。

③古くて劣化が進んだ墓石を解体して、新しく墓石をおつくりになる。

ご相談の多くは、上記の3つのケースが殆どです。

ここで、どのお客様も気になるのが、費用がどれ位かかるのか?なのです。

石材店毎に、ご提案の内容や利益の取り方が全く違いますので、見積金額が大きく変わってきます。

比較検討されるのが良いのですが、どうやって遠隔地の石材店の見積もりを取れば良いのか?みなさん悩まれています。

遠隔地の石材店をネットで検索して、見積もりを依頼するとバカ高い金額の提示をされてしまった!紹介サイトや比較サイトに依頼しても、15%位は手数料を取られていますから、安くても実は高い買い物になると聞きました!

誰だって費用は抑えたいけれども、安物買いの銭失いにはなりたくないものです。

綺麗な石で、頑丈で安心できる墓石を、おつくりになりたいお客様からのご相談が多いのです。

HPをご覧になって、この石でこの施工で、本当にこの価格で出来るのですか?とお尋ねになります。

地盤が大変緩かったり、勾配があって施工が特別厳しい難所でなければ、殆ど価格表の値段でおつくりしています。

(難所は、駐車場から数十メートル以上離れている場合、高所で大型のラフタークレーンが必要な場合等です)

価値あるお墓の値段を抑えて購入する為には、同じ石と施工内容で価格を比べてみる事です。

何故なら値段だけ安くなっても、質が落ちては何もならないからです。

新規で、墓石をお建てになる場合のお見積もりは、墓所の広さ、墓石のデザイン、ご希望の石種、駐車場から墓所までの距離、階段の有無等を教えて頂ければ、比較的容易にお出しすることが出来ます。

ところが、建て替えの場合は、既存の墓石を片付ける費用が発生します。つまり墓石の大きさや、基礎工事の有無で、墓じまい(解体撤去)の費用が変わって来てしまうのです。

建て替えの費用=既存墓石の解体撤去費用+新規墓石の費用になります。

どのケースも、古碑の解体処分が有りますので、お見積もりには、既存墓石の画像があればお出し出来ます。

少し面倒ですが、安く出来れば、その方が良いです!

①の様に墓所を、全く違う場所に変えてしまう場合には、遠隔地の墓石を片付ける石材店と、新しい墓石を建てる石材店が違った方が、安く上がる事が多いです。

遠隔地で同じ石材店が作業をすると、移動の交通費や時には宿泊代も必要になってしまうからです。

逆に同じ墓所での建て替えの場合には、同じ石材店に依頼をされた方が、安く出来るケースが多いです。

何故なら、墓石の片づけに墓所へ訪問した時に、基礎工事をすることが出来るのです。

墓所への訪問回数が減りますので、費用は安くなります。

私の会社は、販売エリアが広いので、お住まいとは違う墓所でのご相談が大変多いのです。

東京や大阪にお住まいですが、四国の実家の近くにお墓をおつくりになりたい。

山口県のお墓を片付けて、静岡県にお墓をおつくりになりたい等です。

墓石の処分(解体撤去)は、片付けるだけの費用ですから、安ければ安いほどいい訳です。

遠隔地の石材店に、お客さまが取られたお見積もりと、私の会社との提携店からの見積もりを比べると、3倍位の価格の差がある事も珍しくありません!

業者間の金額と、消費者との金額が違うのは仕方のない事ですが、いくら何でも3倍は吹っ掛け過ぎだと思いますね!

こんな値段で商売出来たら、一年の内に三か月も仕事したら、後は遊んで暮らせますよ!

うらやましい~!

墓所の場所と写真を送って頂ければ、概算の見積もりはお出し出来ますので、価格の比較をして頂けると思います。

お気軽にご相談ください。

古くなった墓石の修理を相談すると「そうですね~!建て替えた方が、先々の事を考えると安心ですよ!」なんて新規墓石を薦められることが有ります。

墓所の確認に伺って「これ!直さなくても良いですよ!傾きを直して外れた外柵を金具で止めますが、それでどうですか?」とお話することも有ります。

1995年(平成7年)の阪神淡路大震災後に、御影石で建てられた墓石は、基礎工事がされている事が多く、修理で何とかなるケースが少なくありません! 画像を見るだけで、修理で大丈夫なのか?を判断できる事も多いです。

墓石の建て直しで注意するポイント

①遠隔地からご遺骨を移動する場合、「埋葬証明書」「受け入れ証明書」「改葬許可申請書」の3通の届け出が必要です。

②建て替えをする場合には、寺院、霊園事務所、墓地管理委員会役所等への届け出や相談が必要になる事があります。

③建て替え時に、お参り出来ない期間が有りますので、ご親戚にご連絡することも大切です。予めご連絡をしておけば、気分を害されることも無く、費用の一部負担を申し出られる事もあります。

遠隔地菩提寺の境内のお墓を墓じまいして、建て替えをする場合は、閉眼供養のお参りをして頂いて、今までお世話になったお礼をして、お気持ちを包まれると良いでしょう。

建て替え以外に必要費用は、開眼供養(3万円位)の費用が掛かります。

遠隔地の菩提寺にお願いすると、交通費に金額がかかりますので、お近くの寺院ネットで頼まれても良いでしょう。

その他ご相談は、フリーダイヤル0120-953-574まで、お気軽にご相談ください。

無料の墓地確認も、遠慮なくお申し付けください。

関東も関西も、ご都合を合わせて伺います。

ブルーの結晶が沢山入ったインパラブルーの墓石をお求めならご連絡ください!

» 続きを読む