ブログ

BLOG

インド銀河でおつくりした神道墓です。

神道墓も地域や神社で、違った形でおつくりしています。

今回おつくりした墓石は、伝統的な神道墓をご希望されましたので、一目で神道と分かります。

竿石を角柱でおつくりして、上部をトキン(兜巾)型、正面に八足台(玉串やお供え物をささげる台)をおつくりしました。

神道なのですが、地域でトキンが無い墓石が建てられている事や、洋墓を希望されて上部をトキンにされるケースも増えて来ました。

形が変わっても、祈るお気持ちが同じであれば、良いと思います。

今回の施主様は、いいお墓をつくりたいと、ご夫婦でショールームに来社されました。

沢山のサンプルをご覧になりましたが、奥様がインド銀河を一目でお気に召しました。

本銀河は、白系グレーの淡い色調でやさしい雰囲気の墓石が出来上がります。

その名の通り石目には、銀河の星くずを思い起こさせる白い玉の模様が入ります。

インド銀河は濃い手と薄手の2色ありますが、好みで選ばれると良いでしょう。

銀河は、白系のグレーの細目ですが、水を吸い難く、苔も生えにくい、艶持ちの良い高性能の墓石材です。

グレー系の墓石の種類、中でもインド材では、アーバングレーと並んで、安心できるインド材の評判を広めたツートップと言っても良い石です。

特徴的には、色合わせに注意をする事と、シミの様な箇所を避けて加工する必要があります。

白っぽいお墓を建てたい方で、吸水率などの性能も求められるならお薦めです。

価格も高くなりましたが、ブランド石に比べれば、まだまだリーズナブルな価格です。

その他に青銀河(ブルー銀河)がありますが、名前が似ていても、これは全く別の石です。

お墓づくりをされるお客様は、みなさん真剣なのです。

値段に関わらず、その一つ一つが特別な墓石なのです。

だからどのお客様にも、正直にご説明をして、真剣におつくりしています。

どなたが亡くなってもお寂しいに決まっています。

「こんな墓石にしたい!」「文字をこうしたい!」と、私共とのやり取りを繰り返すごとに、少しでもお気持ちが癒えればと思います。

どの墓石も同じ様におつくりして、お引渡しをするのですが、その時の空気が軽く感じる時と、重く感じる事があります。

「やっとお墓が出来た!」と安堵の空気を感じる事もあれば、堪えきれない悲しい空気を感じる事も有ります。

今回の墓石には、大変若い方の諡(おくりな)を刻みました。

石屋の出来るのは、お話を聞いて差し上げる事と、お墓をつくる事だけです。

だからどのお墓もお引渡した後には、自分の中で手を合わせる様にしています。

「ありがとうございました。お家に良い事があります様に!」

ブルーの結晶が沢山入ったインパラブルーの墓石をお求めならご連絡ください!

» 続きを読む