ブログ

BLOG

クンナムでこの長さは、多分本物ではありません!

黒御影をお求めの方にとっては、思いっきり響きの良い名前ですよね!

取りあえず見積もり金額だけでも、聞きたいお客様は多いです。

今回お見積もりをご依頼のお客様は、何社も見積もりを取られたのでしょうね!図面を送っていらっしゃいました。

図面を作らなくてもいいので、記入されていない寸法は必要強度、石材使用量を出して、施工代金を足せば見積もりは簡単に出せます。

大きめの墓石なので、外柵は別の石かと思っていましたが、ご希望が共石(全てクンナム)になっています。

「アレアレ?チョットマッタ!この外柵図面、一本になっているけれど・・?」

8尺(約240センチ)は、長くて採れません!「大きな石は無いので、図面上何処かで繋ぐか?石を変えて頂くしかないです」とご連絡をしました。

お客様のお話しでは、1社だけ私と同じ回答で、他の会社はその図面で、見積もりをくれたそうです。

図面を見ていないのか?トラブルになっても、商社に任せればいいと思っているのか?素人に分かる筈が無いと思っているのかもしれませんね!

クンナムの定義がハッキリしていないので、どんな石もクンナムで販売して、オトガメは無いと思いますが・・・?お客さんが欲しいのは、本物なのです。

クンナムはPANとツートップで、インド黒御影の信頼と実績をけん引してきた石です。

50年に渡ってトラブルが少なく、経年変化も少ないので価値があるのです。

現在、この二つの石を入手するのが、大変困難になって来ています。

現状をあまり詳しく話すと、業者に真似されてセールストークに使われてしまいますので、沢山話せませんが、大きな石は採れていません!

クンナムの場合、他のインド黒御影と比較して、価格も大きく違いませんので、魅力があるのですがね!

クンナムをお求めの場合は、価格も大切ですが、詳しい石屋さんから求めるのが大切です。

少なくとも価格競争を中心に販売している石材店の仕入れ先では、いい石の入手は難しいのでは?と思いますね!

図面を見て、つくれないと言った商売っ気の無い一社には、興味があります。

知り合いかも?今度逢ったら聞いてみようと思います。

追伸

クンナムやファイングレインは、6尺(約180センチ)以上の大きさは、要確認です。

5尺とれるでしょうか?

エボニーも採掘できていないので、入手は難しいです。

斑レイ岩は、玉石で採れますので、岩盤の様な大きな石が出る事は大変少ないです。

特にクンナムイーストはありません!皆が入手不可能な石を、その石材店だけが扱えるのは、どうしてでしょうね?絶対はありませんが、限り無く偽物です。

売るためには、何でも有りは、如何な物でしょうか?石は、どれだけやっていても難しいです。

私なんか結論の出ない事をやり続けているバカモノかもしれませんが、自然の前には謙虚に、少しでも安心できる石をご紹介して行きたいです。