ブログ

BLOG

富山県の墓石図面を送って来られました。この図面は~・・・?

富山県のお客様から、図面が送られて来ました。

数社で見積もりを取られた様です。

お話しを伺った感触では、石材店ごとに説明が全く違いますので、契約をしてしまったが心配で仕方が無い!それで私のHPから、無料相談されたのでしょうか?

「図面を拝見すると、部材図までありますが、どちらかの石材店さんとお話が進んで、ご契約なのではないですか?もしそうなら、私がお答えしない方が良いと思いますが?」とお尋ねをしましたが、どうしても図面と金額が妥当なのかを聞かせて欲しいとおっしゃいます。

他の石材店とご契約された方のご質問にお答えするのは正直疲れます。

対応しないと誠意が無いと想われそうで、だからと言って何処までお答えして良いものか悩みます。

仕方なく「取り敢えず図面のお話しだけでいいですか?」と前置きをして、お答えいたしました。

お話しの内容を、かいつまんでご説明します。

この作り方は私の会社ではしていません!

出来上がりのデザインや大きさは、同じ様に見えるのですが、この図面では、私の考える強度が保てないからです。

四本の柱で支えて、石板を間に挟むことで、富山のお墓で唐戸と呼ばれる部分がつくられています。

この部分が納骨室(カロート)になる訳ですが、この上に重い天板(笠板)や墓石が乗る訳です。

この図面の厚みだとアンカーを打ち込んで、ステンレスの金具で固定することは出来ませんから、この場合はボンドだけの施工になります。

私の会社の標準では、柱では無くアンカーを打ち込むことが出来る厚さの壁で墓石を支えます。

小さめの墓石ですが、必ず金具で止めます。

デザイン的に柱が欲しい場合は、壁の厚さを変えないで、柱が有るようにつくります。

広くて大きな墓石の場合は、舞台が歪まないように、厚い石板で内部を補強します。

もちろん金具で止めて、更に空間を埋めることで、強度を強くしています。

大きくて背の高い富山県の墓石は、同貫きという一つの石をくり抜いて加工をされています。

これは確かに強いですが、くり抜いた部分も石材使用量に含まれます。

高額になりますが、金具で固定するよりも強度は強いです。

これ以上になると、一つのブロックから、彫刻品の様に墓石を削ってつくる方法しかないです。

ケースバイケースで、お客様のご要望とご予算に合わせておつくりしていますが、流石にボンド施工のみの施工はしていない事をお答えしました。

ご説明をした後に、お客様から「他の石材店から、震災の時に金具などは抜けてしまって全く効果が無いので、高くなるだけで意味がないと説明されました」と言われます。

よくあるご質問なのですが、他の石材店の話を聞かれたお客様にご説明するのは、大変骨が折れます。

まずご説明したのは、震度6以上の震災の場合、縦揺れが入ってきたら、耐震も免振もどんな施工をしても無駄です。

阪神淡路大震災の様に、70センチ以上の縦揺れが起こったら、耐震棒も役にたちません!津波が来たら全てが流されてしまいますから、震災の様な地震の場合は無意味です。

いつ起こるか分からない震災に関しては、その石材店さんの説明は正しいかもしれません!

出典: https://twitter.com/mukawa00houjouj/status/1037455329741565952

私の会社は、ステンレスの金具を使用しています。

理由は、ボンドが10年位から劣化が目立ってきて、耐用年数が15年とも20年とも分からないからなのです。

いつ来るか分からない震災に備えるために、費用のご負担をお願いすることはしたくありませんが、必ず訪れる15年20年先の為に、ボルトと金具、板石の厚みで補強したいからです。

お客様は、もっと長い期間をお考えだと思うからです。

大きめの金具でも、1箇所2千円で4箇所なら8千円のご負担になり、石板を厚くして石材使用量も増えますが、中国材なら金具と合わせて、3~4万円ぐらいのご負担になります。

この金額を高いと考えられるか安いと考えられるかは、お客様自身の判断なのです。

お話しをして行けば行くほど、電話口の元気がなくなって来るのが感じられましたので、「今お話ししているのは、私の墓石づくりと施工方法の考え方です。石材店ごとに施工の方法が違います。拝見した見積もりでは、それなりに利益はありそうなので、ご相談されては如何ですか?」と、自分は採用していませんので、何とも言えませんが、こんな施工を観たことがある事のお話しをしました。

少し安心されたのでしょうか?アレコレ雑談しながら、「最初から相談すれば良かった」「そうですよ!私が作れたかもしれないのに!(笑)」「それが高いって言われたんですよ!」

「あそこ高いですよ!遠隔地まで社長が行っているのですよ!高く無いはずがないでしょ!」なんて営業されているようです。

幾つかの案件をまとめて動いているのに、全く余計なお世話です。

都合の悪い事は説明しない!勝手に他社のお墓づくりや見積もりを、都合のいい常識で高いと言う!私の会社で見積もりを取られると都合が悪いのでしょうね!遠隔地のお客様も、高ければ買いません!安くても質が悪ければ買いません!見積もり金額が、激安店やカタログ販売より安いこともありますが、私は何処かで必ず立ち会いますよ!

金額の大小で、お墓の価値が決まるものではありませんからね!

私達石材店の仕事は、お墓をつくることです。

加工も施工も立ち会って何が悪いのでしょう。

売りっぱなしで、「ほったらかし」は、オカシクナイデスカ?そんなもん!店売りでもブローカーと同じです。

霊園などの納骨の手伝いは地元の石材店でないと受けていいただけないとおもっていませんか?

申請書類を霊園に確認取ってご用意をしてしまえば、印鑑とサインして、霊園に持って行かれるだけです。

それなら施主さんで出来ませんか?ご自分で納骨出来る構造にすれば、お客様で出来ませんか?それよりも質のいい墓石が、安い方が良いのではないですか?短期間で乾くコンクリートは大変高額ですが、職人がユニックで2度墓所に行くよりも安ければ、ケースバイケースで費用対効果を考えておつくりすれば、いい墓石も無駄を削ってお値打ちにつくれます。

もちろんご依頼があれば、申請も納骨も致します。(富山県でも大丈夫です。)

私は、価格の争いをみんなで「やあ!やあ!」と争っている所に参加するつもりはありません!

私のつくる墓石がどのお客さんにもベストでは無いでしょう。

ただそのお客さんだけのお墓を提供したいだけです。

「頼んでよかった!」と、言ってもらえる様な!

自然の恵みを扱うには、まだまだ半人前の石屋ですが、臆病に正直にお墓をつくっています。

お気軽にお見積もりのご依頼やご相談をされてください。

明日から鹿児島の建て上げに合わせて関西方面!

帰ってきたら多磨霊園、八柱霊園に合わせて関東方面に行きます。

施主さんのご了解が頂ければ、またご紹介しますね!