ブログ

BLOG

「天山石ならこの価格ですかね!」「マジですか?」「マジです!(笑)」

価格表をHPに載せてから、金額のご相談が多くなりました。

今までは、黒御影がダントツでご相談のトップだったんですが、同じくらいのアクセスとご相談になってきました。

今、みなさんの最も知りたい優先順位が、ご予算何ですかね?

ご相談も多いし、しばらくは墓石の価格中心に、ブログを書いていきましょうかね!

今回のご相談は、お母さまが、やっぱり日本の石がいいとおっしゃるので、中国材でご契約寸前だったんですが、日本の石で再考したいので、もう一度サンプルを見せて欲しいんだと、商談をご希望されました。

ご子息は、「別に中国材でいいんだけどなー!」と腰が引けているのですが、お母さまが「一回だけのことだからね~!日本の石でつくってあげたいのよ~」とおっしゃるもんですから、「息子さんが選ばれたのも、中国ではいい方の石ですよ!」と言いながら、大島石(愛媛)、青木石(香川)、真壁(茨城)唐原石(福岡)天山石(佐賀)とおみせしたんですが、天山石に目が止まりました!

「この石目青くって、綺麗でしょう!

国内では屈指の銘石ですよ!

香川の庵治石が世界一高いんですが、石の性能的では、天山の方が上だと思いますね!」

息子さんが「いい物みたら、いいに決まっとるよ!」

「いいの!私が出すから、100万くらいはいいで!」

「この石!この前、ここに来る前に寄った石屋で、一番高かったやつやで!そんなんで、絶対出来へんわ!」

今にも親子喧嘩が始まりそうでしたので、「奥さん、墓石と納骨室だけはこの石で、囲いの石と加工は、中国でもいいですよね!

その代り石は、天山石の中でもいい物を使って、石目も合わせて、昔の日本の職人さんと変わらないくらい上手い人につくってもらいますからね!」

息子さんが、しきりに私の目を見る、目を見る!

金額を早く言ってあげないと気の毒なので、「原石の差額分だけですから、最初の予算からすると、25万と消費税分くらいが追加になってしまいますが、天山石ならこの価格ですかね!」

「マジですか?」

「マジです!(笑)」

実は天山石を中心にリスクしていて、加工も上手い工場が、僕の協力工場にあるので、かなり自信をもっています!

ケースバイケース、お墓の見積もりは違いますが、石や加工だけでは、大きくは変わりません!

今回ご提案したのは、田中石材の天山石です。

念の為、天山石材、富士御影、七山御影、椿石もお見せしましたが、田中石材の物を選ばれました。

若干白っぽい方がお気に召したようです!

同じ天山系の石で、高品質なのでお好きな色や石目で選ばれればいいです。

価格も若干の違いです。

ご注意して欲しいのは、特選とか極上とか付けて、高額で販売している会社があります。

落ちついて、よく見れば、目玉商品だけを安く売って、ブランド品は高額ボッタクリ商法が見えてきませんか?

安売りで競うつもりはないですが、「ふざけるな!」の世界です。「そんな値段で売れたら儲かって仕方が無い世界でっせ!」ご用心!ご用心!

お墓の金額は、千差万別です。目安にしかなりませんが、料金・価格一覧で想像してください。

簡単なお見積もりなら無料でしていますので、お電話でもメールでも、遠慮なくご連絡ください。