ブログ

BLOG

「インド産の最高級品らしいんですが?」「石種は書いてありますか?」

保険の査定会社からのご相談でした。

「画像をお送りしましたが、車止めに使ってあった外柵に車が当たって割れたらしいんですが、16万の見積もりが出ていますが、妥当でしょうか?」

お墓で言ったら、小さな外柵の1本位の大きさの車止めが二つに割れていました。

「この画像では石種がわかりませんが、その位はかかるでしょう。

加工して、輸入して、ユニック車、人件費を考えたらそれ位は仕方ないと思いますよ!」

「そうですかー!色が違うから左右2本買えて、32万で、工賃含めて50万円ですが妥当な金額なんですね!」

「ちょっと待ってください。工賃は別なんですか?」

「別で,人工代2名と」

「すいません!そこは、大型の普通車入れますか?」

「入れますよ!」

「それなら2名はいらないと思います!

小型のユニック車がつかえれば、作業は一人で半日かかりません。

私は16万で全部だと思っていましたので、それ位はと申し上げました。

後は御社でご判断されることです。

こんなお返事しかできませんが、よろしいですか?」

時折りこういった業者さんからのご相談も受けるんですが、小さな仕事でも、職人やユニック車が動けばそれなりに費用は掛かります。

左右2本であれば、石代は増えますが、ユニック車や職人の日当は同じです。

それと石には必ず名前があります。

国産、インド産、スウェーデン産だけでの購入は危険です。

ましてや最高級品なら名前はありますよね!