ブログ

BLOG

納骨室の扉が壊れて開きません!修理してもらえませんか?

拝見すると何処も壊れていません!

重たいだけなんです!

蓋の重さで風が吹いても外れたりしないように作ったつもりでしょうね!

でも、お客さんが開けれないほど重くては意味がありません。

作ったばかりは磨いてあり滑りますから何とか開いても、年月が経ったら、磨きも滑らずホコリが溜まって開かなくなります。

お客さんは、使い勝手や、設計の事なんかわからないので、石材店の考える仕事です。

商社や中国の工場のCADのオペレーターは、石の量を沢山売ってなんぼです。

使い勝手なんか外国人がわかるわけないでしょう。