ブログ

BLOG

お墓ディレクターの何級ですか?えっ?

ご相談で、いきなり何級ですか?のご質問でした。

そうゆうご質問は初めてでしたので、面喰いました。「1級ですが、どうかされましたか?」とお答えしましたが、どうかされましたかも、変なお返事のしかたでしたね!

よくよくお聞きすると、当社の前に相談された石材店で、「お墓ディレクターには1級と2級があってHPに、お墓ディレクターとだけ載っている会社は、2級の会社が多いので確かめた方がいいですよ」と言われたそうです。

呆れて上手くお返事ができませんでしたので「私も専務も1級ですが、ご心配なら認定書をおみせしますよ。ところでご相談はどんなことでしたか?」と申し上げてしまいました。

「ごめんなさい。お墓の検討をしているんですが、また電話します」

「あっ!ちょっと!もしもし!」で電話は、切れてしまいました。

お客様にではなく、どこかわかない石材店にムカーと来ていたので、それをお客様は感じられたのかもしれませんね!

認定書をお見せしますはなかったよな。

反省します(自己嫌悪)。

こんなセールストークで隙間を突かれていたんだと思いました。

すぐにHPは1級と付け加えますが、その石材店の思うつぼだったと考えると腹が立って仕方がありません。

多分1級の人だと思いますが、よくご存じないお客様が誤解をされる様に、話をする程度の低い人だと思います。

そもそもお墓ディレクターは、宗教、法律、石材加工などに幅広い知識を持ってお客様のお墓づくりの相談が出来る人材の資格で、技術が優れている訳ではありません。

技術の実技試験なんかありませんからね!

だからお墓ディレクターの1級だから加工が上手いわけでも、施工が上手いわけでもありません。

広い知識は、作り手の愛情があって、初めて生きるものだと思います。

難しい1級の試験に合格するには、それなりに努力をした人だと思いますが、それしか自慢できるものは、ないのでしょうか。

私も人間ですからそれなりに評価されたいですが、みなさん!肩書きだけに誤魔化されるのは止めましょう!