ブログ

BLOG

墓地確認だけは、お願いですから、させてください。

先日、見積もりのご依頼を受けたのですが、わかっているのは墓地の広さとご予算、日本の石というだけで、見積もりを出して欲しい。

何社か廻っているので、相見積もりしたいとメールでいただきました。

お墓や石材の事がわかるカタログをお送りしたいのでご住所をお聞きすると教えられないので、パソコンへメールで送って欲しい。

墓地確認をしたいと申し上げると教えられないとお返事がありました。

石材店のお店を見に行かれたあくる日に自宅に来られて困ったからのご返事でした。

のぞかれた石材店の強引かつしつこい営業に逢われたのはお気の毒でしたが、データーでは資料を送れない事のご説明をさせて頂きました。

石の好みもわからない、墓地の確認も出来ないでは、お見積りは出せませんので辞退させてください。

どうかいいお墓をおつくりくださいとお返事申し上げました。

翌日、私は無理なことを言ったつもりはないとお怒りのメールをいただきました。

過去に多量なデザインや資料をメールでお送りするとプッリ連絡が取れなくなることが頻繁に起こりました。

同業者のなりすましだと思います。

墓地の確認に行くと、寺院墓地で石畳を通らないと墓地に行けないのに、石畳が傷むので機械は困ると住職に言われて人力で運んだり、ラクター(大型のクレーン)をつかわないと上げられない山の上だったり、墓地のはかり間違いで見積もりに差が出てきたりして再見積もりになったりしています。

逢えなくてもせめて墓地確認だけでもさせて頂ければ、まわりの墓石に外柵があれば同じようにおつくりをしてお見積りをお出ししする事が出来ます。

ここまでご説明したのですが、ご理解していただけなければ、どうしようもないのです。

何でも出来ますの調子のいい石材店は、どこかでコストを抑えたり出来るんでしょうね!

無料だし連絡やご了解がない限り電話をしたりしていません。

絶対いいお墓つくりますから、墓地確認させてくださーい!