ブログ

BLOG

G-670での見積もりのご依頼を受けたのですが・・・?

中国福建省の緑系の石です。

お客様に、「なぜこの石を選ばれたのですか?」とおたずねすると、「石材店に薦められたんですが、かしこさんなら幾らでできますか?」のお問い合わせでした。

ご親切に墓地全体と施工をご希望される箇所の写真や広さ、まで送っていただけました。

ご希望の墓石も一般的な名古屋型でしたのですぐお見積りのお返事をしました。

「あんまり変わらないけど、やっぱりM1Hは高いですか?」とおっしゃるものですから、M1Hならこのくらいですと申し上げると「全然安いんだけれども、どうゆう事?」とおっしゃいました。

緑が好きなのでM1Hが欲しくって見積もりを頼んだら予算オーバーだと伝えたら、これなら安いのでとG-670を薦められたとのお話でした。

G-670はM1Hまでの価格ではないですが、中国材としては高額の石です。

「多分何年か前に安い時の在庫をお持ちではないでしょうか」とお返事しました。

結局、最初から欲しかったM1Hでおつくりになることになりましが、G-670だけでなく、中国の緑系の石は、褪めるのが早くてお薦めできません。

クレームにならない様にその旨ご説明をするとほとんどのお客様は、インド材に変更されます。

それとG-670は石目が流れているので、曲線(カーブ)の多いデザインには不向きです。