ブログ

BLOG

お墓の移転での建て直しは慎重にしてください。

地域の墓地から寺院の境内への移転のお見積りにうかがった時のことです。

「申し訳ないね。お宅でつくつたお墓じゃないのに!費用がかかるから、新しいお墓にした方がいいと言われてね。小川さんにかしこさんなら安く建ててくれると聞いたから」とおっしゃるのです。

とりあえず墓石を拝見させてくださいと墓地へ案内していただくと、名古屋型8寸で2㎡。23年経過した墓石は国産の内垣石(福岡)で、幾分経年変化も見られますが全く何ともありません。

施工が不十分なために墓石の傾きと外柵がずれて壊れたように感じるだけでした。

墓石を建てなおすとそれなりに費用がかかり、現在の墓石の処分料や更地にする費用もかかります。

「お墓は、大変いい石を使ってありますし、建て替えるなんてもったいないです!同じ町内の寺院への移転ですから物流費は殆どかかりません。新しい墓地の基礎工事と現在の墓石と外柵の解体、再施工で耐震施工をいたします。現在の墓石に基礎工事がしてあることを想定して35万の予定をしてください、基礎がしてなければその分は見積もりから除くという事でいかがでしょうか?お墓は綺麗になりますよ」とお話しするとびっくりして「あんた、そんな商売しとったら儲からんぞ」とおっしゃいました。

そんなことありません。

全然安いかもしれませんが、ちゃんと利益は頂戴しております。