ブログ

BLOG

やりきれないことがありました!

最近のことです。

講習会で知り合った石屋さんから「面倒な墓石で、問屋にも嫌がられてね!

石屋の下請けなんか嫌かもしれないけど、御社はデザイン墓をつくっているから、何とか協力してもらえないかね?」との依頼でした。

「そんな、他所が出来ないのをうちなんかでできますかね。とりあえずデーターだけメールしてくださいよ!」

ここまでは普通に業者間の会話です。

データーの確認をすると、先日までメールのやり取りを何度もして、見積もりまで出して連絡が取れなくなったお客さんの墓石ではありませんか。

確かに石材加工の工場ではできないデザインで、彫刻専門の工場でないと難しいカーブの彫刻とカットです。

正直やりたくありませんでしたが、石屋さんは何も知りませんし、付き合いもあるので、黙って見積もりをお出ししました。

業者間の取引ですが、もともと安く販売しているので、お客さんと同じ見積もり金額です。

しばらくして注文が入ってきたので二度びっくりです。

石屋さんのマージンを考えると何十万かは多く払っていらっしゃるでしょう。

昔からの石材店が信用できて安心だと思われるなら最初からそちらにいかれればいいのに。

お人好しの私は、他の施主さんの墓石の検品に合わせて彫刻の確認に渡航しますが、早く終わってほしいと思います。