真壁中目

STONE INFOMATION

原産国:
日本(茨木県 桜川市)
吸水率:
0.315%
圧縮強度:
112N/m㎡
見かけ比重:
2.604t/㎥

特徴

筑波山系のひとつ加波山の一帯で産出され、産地としてはそのふもとにある桜川市(旧真壁町・大和村)が産地としてよく知られています。

およそ6000万年前にできた地層で、比較的新しい花崗岩です。

白色または薄青、薄黒を帯びた白色をしており、研磨すると光沢に優れていて、持続性も良い石材です。

磨いた面は微かに青みを帯び、青みや黒みが強いほど高級とされ価格が高くなる傾向にあります。

真壁小目石より石目が大きく、ややグレー系の石質です。

優しい雰囲気の墓石が出来上がります。

常陸こみかげ石とも呼ばれ、採掘量も豊富で建築材等広い用途で使用される。

年間採石量:312,000才

注意点

変色しにくい石ですが、白玉が出ますので注意です。

中国産G603と見分けがつきにくい石材です。

主な建造物

三越本店のライオンの台座 皇居前広場の楠木正成像の台座