仏事の用語集

GLOSSARY

法然 (ほうねん)

平安時代末期から鎌倉時代初期の日本の僧で、阿弥陀仏の誓いを信じ「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば、死後は平等に往生できるという専修念仏の教えを説いた。

浄土宗の開祖と仰がれ、法然は房号で、諱は源空(げんくう)。

浄土宗では、善導大師を高祖とし、法然上人を元祖と崇めている。