仏事の用語集

GLOSSARY

法名軸 (ほうみょうじく)

法名軸(ほうみょうじく)とは、浄土真宗系の宗派で使用される掛軸で、近くに亡くなった故人の死亡年月日と法名、または一族の法名を記して、お仏壇の内部の側面に掛けます。

浄土真宗では「位牌」を用いず、「法名軸」も礼拝の対象とはしません。

仏具店などで購入して用意するか、菩提寺の住職に用意してもらいます。

四十九日までに住職に法名を書き写してもらい「過去帳」を持っている場合は、同時に記載してもらいます。

「法名軸」を渡されたら、中陰壇の「白木の位牌」を寺に返します。

※真宗高田派や一部地域によっては位牌を用いているところもあり、ご注意ください。