ブログ

BLOG

墓石にとってカロート(納骨室)は、最も大切な所です。

最近、カロートのご相談が立て続けにありました。

お墓の外からご覧になる事があっても、内部をご覧になった方は、少ないと思います。

「納骨室に雨水が溜まって、内部が浸水してしまっています。石材店に相談して、コーキングをしてくれましたが、やはり水が溜まります。石材店も困った顔をするだけで、ハッキリとした説明をしてくれません!どうしたらいいですか?」等、お困りのご相談です。

水に浮かんだ骨壺から、ご遺骨が出てしまって、散らばっているそうです。

確かに嫌ですよね!墓じまいの時に、カロート内にご遺骨が散在していることがありますが、大きな地震でもない限り、殆どの場合は雨水が原因でしょうね!

現地を拝見しておらず、まして他社が作った墓石のコメントは、あまりしたくはありません!石材店毎にお墓のつくり方は違いますので「自分の会社ではこうしています」と言ったお返事しかできません!

いくらコーキングをしても、10年も過ぎれば劣化して、水は必ず入ってきます。

納骨棺は地下と繋がっていますので、下から水蒸気としてカロート内に侵入して結露をおこしたりしますので、水を防ぐのは無理なのです。

だから私がおつくりするお墓は、入ってくる水が出て行く構造にしています。

墓所確認時に地盤が粘土質で水を通さない土質の場合は、地上カロートをお薦めしています。

地下に水が浸透して行かない地盤では、ご遺骨を安置する骨壺の下の部分が、GL(グランドライン)より上になる様におつくりするのが基本です。

水が下に抜けないのなら、地上の何処かに水抜きを作って、水を逃がしてやるしかありません。

今回のご相談では、多分水抜きが作って無いのか?粘土質で水が地下に抜けないような地盤で、地下カロートを作ってしまったのか?そのどちらかでしょう。

石材店が現地を確認していれば、その辺りの事は分かっているはずですがね!

ご遺骨を安置するカロート内ですから、出来るだけ奇麗に保ちたいものです。

だから雨水をどうやって逃がしてやるか?を考えながらお墓づくりをしなくてはなりません!

コーキングボンドは、水を防ぐ目的もあるのですが、コーキングしても水は必ず入ってきます。

「しっかりコーキングします。水は入りませんから大丈夫です」なんてセールスされたら、売りたい為の方便ですから信用してはいけません!

コーキングだけで、水を防げたら、私ら苦労していませんよ!

地上カロート墓石の製作時に、水抜きをおつくりするのは簡単ですが、後々地下カロートを地上に作り直すには、建て替えに近い費用がかかってしまいます。

コーキングしても水が溜まる様なら、カロートの構造を作り変えるしか無いと思います。

納骨室は、出来上がって見えなくなる部分でもあり、石材店任せで原価を抑えやすい部分ですが、一番大切な箇所です。

カロート内の構造や水抜きについては、墓石をおつくりになる時に、石材店にお尋ねになっていた方がいいでしょう。

水抜きをおつくりしても、土砂降りの雨が続けば、当然入ってくる水も多くなります。

地形によっては、墓所に入ってくる雨水の量を、出来るだけ少なくする工夫をしています。

例えば山の斜面を利用した墓所で、大雨が降ると滝の様に、斜面を雨水が流れてきます。

上から降る雨は、どうしようもありませんが、流れ込んでくる雨水を減らす事は出来ます。

施主さんのご了解を頂いて、水が流れ落ちてくる墓所との間に、若干の空きを作って雨水を落とし、更に勾配を付けて水を墓所に入らない様に逃がす様にしています。

石材店毎にお墓のつくり方は違います。

考え方の違いですが、私は寝室が雨漏りして、床がベタベタの部屋で眠りたくは無いです。

追伸

関西方面のお墓は、土に還す納骨形式で、残されるご遺骨も少ないです。

その為に、カロートが作られてない墓石があるのです。

「どこから納骨するのですか?」とご相談されることがよく有ります。

ほとんど場合、墓石の近くの土を、園芸用のシャベル等で掘って埋められているのです。

墓石の写真を送って頂ければ、お返事が出来ます。

カロートだけでもおつくりする事が出来ますので、遠慮なくご相談ください。

遠隔地で、墓石の検討をされているお客様も、写真と墓所の広さ、ご希望の墓石を教えて頂ければ、お見積もりをお出ししています。

他社の金額は必要ありませんが、もし図面をお持ちであれば、短時間でお見積もりのお返事が出来ます。

石にも施工にも拘った墓石ですが、他社より安いかも知れませんよ!遠慮なくお問い合わせください。

ブルーの結晶が沢山入ったインパラブルーの墓石をお求めならご連絡ください!

» 続きを読む