ブログ

BLOG

基礎工事の必要強度は、地盤と墓石の大きさ(重さ)でで判断しています。

墓地確認に伺った時、お客様からご質問がありました。

「どの石屋さんも基礎工事の説明がバラバラなのですが、社長さんは基礎を打たれる派ですか?」

「どんな場合も基礎は打ちますから、私は打つ派ですね!(笑)ケースバイケースで、基礎内容を変えていますから、バラバラと言えばバラバラです。どんな説明でしたか?」とお尋ねすると、

「頑丈につくります。尺基礎を打ちますので安心してください」と言われたり

「あまり強い基礎にすると、壊す時に費用がかかって大変です」と言われたり

「据えてけ工事で大丈夫です。難しい事を考えずに任せてください」と言われたそうです。

基礎工事の詳しい仕様説明は無かったそうです。

詳しく説明すると、逃げ道が無くなるとでも思ったのでしょうか?

専門家だと思っている石材店から、この程度の説明しかされなかったら、比較の仕様もないです。

もっと聞いても良いと思うのですが、お客さんは初めてなのですから、どうやって質問して良いのかも分からないですよね!

私の場合は、地盤の固さや墓石の重さで決めています。

何回か前のブログで、墓所確認時に判断の参考になる地形や、地盤、勾配等ついて書いています。

それを参考にして頂くと良いです。

「デザインはゆっくりご検討して頂くとして、どれ位の大きさの墓石をご要望ですか?この辺りにありませんか?」とお聞きすると、

「これ位の大きさが有ると良いね!」と教えて頂けました。

「これ位の大きさの墓石なら尺基礎までは必要ないと思います。少し強めのコンクリートを15センチの厚みで、鉄筋か太いワイヤーメッシュを入れて、ベタ基礎(全面コンクリート打設)にすれば大丈夫です。もし隣の区画なら、もう少し厚めのコンクリートにしますがね!」

「ハァ?」

「隣の区画は、多分緩い様な気がします。良かったですねこっちで!(笑)」

ここからは、ブログを読んでいただいている方にも、分かるようにご説明しますね!

都立霊園の場合、墓じまいして空いた墓所を、幾つかに分割して抽選で購入されているケースが殆どです。

周りをご覧になると、広い墓所にお墓が建てられています。

周りの墓石から、空いた墓所のどの辺りに、どちら向きに墓石が建っていたのか想像できます。

片づけられた墓石の下には、コンクリートの二段カロート(納骨室)が埋められていたはずです。

墓じまいの際に、ユンボでカロートを掘り起こして、大きな穴が空いた箇所を、土で埋め戻してあります。

基礎工事の為に、掘ると大抵の場合柔らかいです。

緩い可能性がある墓所では、予め厚めの基礎工事にして、追加で地盤改良出来る様に、採石を多めに準備をしてもらうようにしています。

私の会社では、若干強めの基礎工事や施工にしていますが、度の過ぎた品質は、お客さんに金銭的なご負担をかけるだけかと思います。

必要にして十分な強度を、出来るだけコストを抑えるのが、お客様の立場に立った物づくりです。

基礎の強さは、コンクリートの厚みだけではありません。

どれだけ強いコンクリートに、鉄筋を入れるのか?鉄筋はコンクリートが割れないために入れます。

適正な太さの鉄筋を、太さに合わせたピッチで組むことなのです。

尺基礎と言っても、30センチのコンクリート厚の石材店もあれば、25センチのコンクリート厚を尺基礎とする石材店もあります。

墓石の工事には建築基準法の様な物は、無いのです。

セメントの量を少なくして、砂利を沢山入れて、水を増やしたシャブコンで、安上がりの尺基礎にしても、意味はないのです。

基礎工事も、簡単にですがHPに掲載してあります。

手作りで作っているHPなので、分かりにくい箇所があれば、お気軽にメールやフリーダイヤルで、お問い合わせください。

追伸

中国では、2月8日から17日位まで春節でお休みです。

早くお休みを取る人は、1月から故郷に戻り始めています。

そのまま戻ってこない人もいます。

3月に従業員の取り合いをして、工場にスタッフや職人が揃うのは3月末です。

これが例年のパターンなのですが、今年はコロナの影響で、隔離される可能性もあり、工場もどうなるか?分からないので不安でいるようです。

インド材を初め、中国材やその他の石も、工場に潤沢に入っていません!今年も良質な石を選ぶのに、苦労をする予感です。

在庫が豊富にないためか、工場ごとに価格の差が出ています。

何よりも品質が第一だと思いますので、この時期はゆっくり墓石のご検討をされることをお勧めします。

中国工場が休みでも、国内工場や自社のCADは動いています。

墓地確認や建て上げの立ち合いは、不要不急では無いので、必ず伺いますので、お気軽にお申し付けください。

ブルーの結晶が沢山入ったインパラブルーの墓石をお求めならご連絡ください!

» 続きを読む