ブログ

BLOG

遠隔地の墓所に、お墓を建てたいご相談が増えました。

M1Hの緑手ですが綺麗ですね!ナガレも殆どかわすことが出来ました。

この石は、和墓、洋墓のどちらを作っても出来映えします。

墓石は愛知県の常滑市におつくりしましたが、施主さんは、神奈川県にお住まいとのことです。

お父様のお墓に、お母さまがお参り出来る様におつくりになりました。

墓地確認の時には、ワザワザ神奈川から戻って来られて、立ち会って頂けました。

地域墓地では、区画がハッキリしていない墓所も多く、何処まで使用して良いのかを施主さんに決めて頂かないと、私たちでは分からないからです。

M1Hがご希望でしたが、採掘の時期、深さ、丁場の位置で色と柄に違いが出て来るのがこの石の特徴です。

その為、現在扱っている緑手と黒手を持参して行って、ご覧になって頂きました。

最初に石材サンプルを見て頂き、墓石デザインのご希望や墓地の広さをお尋ね出来て、お見積もりも正確にお出しできました。

その後は施主さんのご判断なのですが、ご予算的に合ったのでしょうね!後はメールやLINEのやり取りでおつくりになりました。

施工の日程に合わせて、お引渡しにもワザワザ来て頂けました。

施工の立ち合い後に、墓石の取り扱いの説明をして、保証書をお渡しするまでが私の仕事です。

ご挨拶後に、道具と資材の積み込みをして帰るのですが、しばらくご家族でお墓を眺めていらっしゃいますが、お引渡しの後には、いつも観る光景です。

お墓の文字で「感謝」とか「ありがとう」を刻まれますが、それが墓石をつくられる意味では無いでしょうか?これから何度も「ありがとう」の想いで祈られることでしょうね!

いいお墓を作らせて頂きありがとうございました。

お仕事などのご都合で他県にお住まいなのですが、故郷にお墓をおつくりになりたいと言うご依頼が増えて来ました。

お墓を検討される時、ご年配の方は、どうしても地元の小売店に行ってしまいます。

顔色を見ながら商売をされますので、時にはとんでもなく高額な墓石を薦められることがあります。

そんなにするのか?と思っても、墓石の相場も分からない!何処に頼めば良いのか分から無い!妥当な金額を知りたいと、比較サイトに依頼すると、石材店からの売り込み合戦に、相手をするのも疲れる位!其々違うセールストークで売り込まれて、何を信じて良いのか分からなくなる方も多いです。

アレコレ悩んで検索をしていると、タマタマ当社のサイトを見つけて、ご相談されるケースが多いですね!

墓石カタログは無いですか?

申し訳ございません!墓石カタログの様な経費がかかる物はやめました。カタログ製作代金と送料がバカにならない金額なのです。

その代りHP上に価格表がおつくりしてありますので、そちらをご覧になってください。

カタログ販売の50万80万120万ですか?ジャストプライスなので、絶対安いと思い込んでしまうのでしょうね!

墓所の広さは千差万別なので、カタログの大きさでつくることが出来るケースは少ないのです。

つまりジャストプライスで、見積もりが出て来ることも無いのです。

墓所の広さや石を変えただけで、ドンドン高い金額になってしまって、ガッカリされたそうです。

確かに墓所が広くなり、石が変われば見積もり金額も変わりますが、それ程大きな違いにはなりません!あれは目玉商品だから安いのです。

それでも高いかな?私なら、あの値段で売るのなら、もっと加工や施工にお金をかけて、ガッツリおつくり出来ますがね!品質やサービスを落とさずに安く売るには、とにかく経費をかけ無いで、販売数を増やすことなのです。

私の場合、加工や施工、石質にも拘っているので、おつくり出来る数に限度もあるのですがね!

墓石は地元石材店でつくる時代は、随分前に終わりました。                                 

遠隔地でも、墓所の広さや周りの写真、霊園の住所を送っていただけば、グーグルの航空写真を参考に、ご希望の墓石の大体のお見積もりは出せます。

予算的に合えば、墓地確認にどなたか立ち会って頂ければ、正確なお見積もりが出せます。

それから当社で良いのか?検討して頂けば良いのです。

墓地確認にはどうしても立ち合いが必要ですが、その後はメールやLINE画像のやり取りで容易にお墓づくりが出来ます。

スポンサーはご年配者でも、お墓づくりにはご家族も参加して、是非お手伝いしてあげてください。

ご自分でなさりたい方で、メールのやりとりが苦手でも、FAXや郵送の対応をしております。

一番簡単なのが、フリーダイヤル0120-953-574です。

お気軽にご連絡ください。

追伸

中国加工について、ご心配のお問い合わせがありますが、2月、3月、4月建え分の生産は、昨年12月末までにオーダーを終了していますので、最終の船には乗ります。

殆どありませんが、国内検品で不良が出て、作り直しが無ければ大丈夫です。

正直、春節明けの生産状況は、コロナ次第なので分かりません!中国は少ないから大丈夫だろーって!そんな訳ないです。

春節なんかもの凄く多くの人が大移動します。

もし感染者が出ようものなら、日本と違って営業停止になりますからね!

M1H、インパラブルー、アーバングレー、インド銀河、M10等の当社主力石材は大丈夫です。

インド黒御影も在庫と大きさを確認しながらご紹介をしてまいります。

とにかくアリッタケのパイプを使い、出来る事を全てやります。

今は、ゆっくりお墓のデザインや、ご予算のご検討をしてください。

ご質問はお気軽にご連絡ください。