ブログ

BLOG

相見積もりに勝つためだけの見積もりでは、お客様が見えていない!

コロナウイルスで消費が減ってしまって、墓石業界も例外なく影響を受けています。

私の会社は、拘ったお墓を希望されるお客様が多いので、なんとかお仕事を頂戴できています。

皆さん様子見なのか?暇つぶしなのか?同業者の来社や電話での長話が多いです。

殆どがボヤキなのですがね!以前にブログで紹介した事もありますが、仲のいい石屋の副社長がやって来ました。

「久しぶり!」

「ご無沙汰です」

「どう?調子は?」と、いつもの挨拶!

今時の石材店の話題と言えば決まっていますが、何方もが同じで、ギブアップ寸前のため息でした。

友人である彼の親父さん(義父)に頼まれて、ネットの商売や中国の加工ラインを紹介したのは私です。

以来、行き詰まると、構造や施工の相談に訪ねて来ます。

今は消費が少ないので、ドックファイトさながらの価格の叩き合いをしている様です。

その上、相見積もりを取っているお客さんの思惑が入って、メチャクチャにややこしい商売をしている様です。

真面目なヒトほど、嫌になって廃業したりしているので、心配をしているのですがね!

何時もの様に、送られてきた他社図面と見積書を見せてくれるのですが、逃げ道ばかりの見積書と強度無視の図面です。

「良いんですか?こんなので!」

竿石と上台(上から一番目と二番目の石)を支える天板と、それを支える壁板(唐戸)部分が薄すぎです。

ここまで強度無視なら、石質も加工も施工も想像が付きます。

「これは~!竿の幅が50センチだから、この厚み5センチあるかな?ここまで削ってあるのは初めてだな!」(笑)

価格競争の行き着く先は、必ずこういう事になってしまいます。

「この図面で強度を維持しながらつくる施工は無いね!(笑)

この図面で作ったら、何年かで壊れるな~!

カタログ墓石の50万円、あれは僕も高いと思うので、40万位でおつくりしているけれども、手抜きや反則無しで安くつくるには限界がある。

お客さんは素人だからね!正しい金額を知りたいから相見積もりをしている訳だよ!

何年も経たないうちに変色したり、傾いたり壊れたりするのは誰も望んでないと思からね!

25万円とか30万円のお客さんの予算なら、墓石を小さくするか?納骨形式を地下カロートにして、石材使用量を抑えるしかない。

このデザインがご希望であれば、壊れ無い様な強度の図面に作り直しました。

この図面のお見積もりはこの金額ですとお出ししたら?

若干高くなる程度で収まる筈だから!」

「そんなことしたら・・・?」

「売れなくなるってか?」「案外そうでも無いよ!他社見積もりよりも、高い金額で出してきた石材店の見積もりは見てくれる。

そして物事の何が正しいか?ウサン臭いのか?正しく評価して、貴方に依頼してくれるお客さんの為に、一生懸命つくれば良いと思うけれどね!」

「・・・?」

分かってはいるけれども、中々納得が出来ないのでしょう。

こんな時期ですから少しでも売り上げが欲しい気持ちも分かります。

ただ何年も経たないうちに変色したり、壊れたり傾いた墓石を見て、内心ラッキー!

「修理代は幾らです」と言う石屋にはなって欲しくないので、少し厳しい言い方になってしまいました。

ネットのHPの上位表示は、比較サイトをはじめ紹介業者ばかりです。

100万円でつくれる墓石を平気で300万と言う業者がいるので、相見積もりも有効です。

幾らいい素材を使用して最高の技術でつくられていても、予算と比べて高過ぎては意味がありません!

ただ相見積もりには、副作用があるのです。

一番厄介なのが価格の比較ばかりを石材店がしてしまうと、お客さんと向き合ったお墓づくりが出来ていないことです。

「あのさ~!お客さんの欲しいお墓は?」

求められているのが、墓石の種類なのか?

デザインなのか?

頑丈な構造や施工なのか?

お客さんの求める価値観と、提案できる墓石の値段が一致しているかどうか?が大切なのでは無いでしょうか?

いつから他社の見積金額に合わせて、情けないお墓づくりを考える様になってしまったのでしょう。

他社の墓石より少しでも安くして売りたい!お客さんの事より、自分が為に売る事だけを考えて、勝負に勝つことだけを考えるから、業者につけ込まれて、マージンだけ取られて、価格競争だけをしていませんか?

いいお墓をつくりたい信念や心構えは、どこかに出払っていませんか?

物づくり中心には、お客様がいなくてはなりません!決して石材店の売り上げが中心では無いのです。

私たち石材店はお客さんの想いのお手伝いをするだけです。

お墓の形、大きさ、墓所の広さ、石種、地盤の良し悪し、納骨方法等、お墓の全ては千差万別で大変複雑ですが、更に石材店の数だけ作り方が違います。

分かりにくい商売だからこそ、お客様に分かりやすく、シンプルにすることでは無いでしょうか?

石種、デザイン、大きさ、構造、加工、施工はこうします。値段は幾らです。なんて簡単なお話しでしょう。

私のHPには、その全ての説明と価格の目安が表示してございます。

お墓をご検討の方は、是非ご覧ください。

ごめんなさい!ボヤキは、しないように心掛けていますが、年寄りはダメですね!暑さのせいでアタマがボーッとしてツイ!🙇 お許しください!