ブローカー石材店

STONE STORY

(投稿日) (最終更新日)

近年中国の工場が、日本で会社をつくって、直接日本の石材店に販売しています。

日本人の営業を使っていますが、彼らは作り手側の人間です。

お客様と工場の間には、お客様側に立って、責任をもって話をする人間が必要です。

彼らは、CADがなくても、図面の作成を短時間でやってくれますので、大手石材店を人員整理された方が、気軽にインターネットで石材店を起業することが出来ます。

葬儀社や仏壇店が墓石を扱えるようになったのはこのためです。

彼らはどこで、どんな人間が、どうやって作っているかは知りません。

個人石材店のほとんどは、日本の石材商社まかせで知りません。

専門家であるはずの最寄りの石材店が、実は何も知らないブローカーになっている事が少なくありません。

知っているのは、一部の石材店と大手石材店のバイヤーか石材商社の出張員です。

その面々も工場まで行かずに、事務所訪問だけで、接待を受けるだけ出張もある様です。

日本の石材商社も中国の石材商社任せになりつつあります。

仕事の殆どを中国がやってくれますから、彼らはマージンだけを取ります。

店頭の営業も、研修に連れて行ってもらってなければ、現状は分から無いし、経費がかかるので、分からせる必要も無いという経営者がまだまだ多いです。

葬儀社や仏壇店は、丸投げなのに高く売りますが、インターネットのブローカーは安く売り競争に明け暮れています。

最近では、彼ら同士の競争が激化して、工場や石の質がドンドン悪くなっています。

説明も出来ず、管理もしない、責任も取らずに、利益だけを取るのがブローカーです。

本当に貿易と品質管理をしているかどうかを、見破るのは大変難しいです。

最近ではHP作製会社が、他社のHPをコピーして販売しています。

彼らは素人ですから、間違った情報が拡散しています。

HPやブログを読んだくらいでは、彼らも他社のブログを読んだりしていますので、中々難しいですが、自分の言葉で書いているブログから情報を得るのがいいでしょう。

兎にも角にも、作り手の顔が見えない人に頼むのは、安くても怖いですね!

カタログ販売でも、ネット販売でも、お客様にとって唯一の大切なお墓です。

ネット販売でも、値段ももちろんですが、逢ってお話ししてくれる石材店が安心です。

墓石を動かして、利益を取って行くが、責任もリスクも負わないのがブローカーです。

老舗石材店でも同じことをしているのかもしれませんね!