お墓の付属品

accessories

和型墓石の構成と各部の名称

お墓の部品

1.棹石

棹石

ご先祖様の魂が宿る最も重要な場所とされ、〇〇家や南無阿弥陀仏などの彫刻が施される、墓石の一番上に位置する墓石部分のことです。

棹石・仏石・天石ともいいます。

神道の場合は、この竿石部分の頂点を三角に加工しますが、これを「トキン型」と呼びます。

洋型でも、一番上の部分は同じく「竿石」と言います。

2.上台(じょうだい・うわだい)

上台

竿石をのせる台で、「天・人・地」の「人」を表しているため、人石ともいい、建立者の名前を刻んだり、正面に家紋を刻むこともあります。

3.中台(ちゅうだい・なかだい)

中台

上台の下にあり、竿石、上台と合わせてお釈迦様の座像をかたどっていると言われます。

「天・人・地」の「地」を表しています。上水鉢や花台と一体になっている形もあります。

芝台を作らない場合、この部分を下台と呼ぶこともあります。

4.芝台

四ツ石

お墓本体の一番下の台座となる部分の石で、下台(げだい)ともいわれ、四つの石で作られる芝台を四ツ石と呼びます。

5.供物台

供物台

墓石の手前部分で、お供え物を置くための台です。

お線香を置くための香炉と一体になっている供物台付き香炉があり、シンプルで無駄のない供物台付き香炉が増えて来ています。

6.花立

花立て

お仏花をお供えするためのものですが、真ん中に水鉢を置く形もあります。

ステンレスなど取り外しの出来る物が増えてきていて、花の入れ替えが便利にできます。

7.水鉢

水鉢

水をお供えするところで、棹石の手前にある石の一部のくぼみとして作られていたり、上台の前に作られることが多いです。

仏様は水とお香のみがご馳走とされていますので、いつもお水を絶やさず、なるべく頻繁にお香をさしあげてください。

8.香炉

供物台

線香お供えするのに使うものです。

焼香は人間の悩みを乗り越えて「精進」する事を意味しています。

線香を立てるタイプのものは香立(こうたて)といいます。

お香をあげない神道では、香炉の代わりに八足台を配します。

9.墓誌(墓標)

墓誌

お墓に入っている故人の戒名や生年月日、没年、生前の経歴などを刻みます。

家の歴史などを後世に伝えるための記録です。

古いお墓は、棹石に戒名(法名)を刻むことが殆どですが、最近では、墓誌を作られることが増えて来ました。

香箱加工、水垂れ加工といった加工方法によっても雰囲気が変わります。

10.地蔵碑(じぞうひ)

地蔵碑

大地のごとく慈悲深く、縁なき衆生までも救済する菩薩として、日本中に地蔵信仰が広がりました。

子供の守り本尊として「あの世の親」となって幼い子供たちを慈しんで下さる菩薩です。

生後すぐに亡くなった子供などの供養のためにお墓にも建立されています。

11.塔婆立て

塔婆立て

五輪塔をさらに簡易化して一枚の板であらわしたものといわれています。

「塔婆」とは故人の供養のために、お墓の後ろや横に立てる木製の細長い板です。

その板塔婆を支える台が塔婆立です。

神道でも神標と呼ばれる板を立てる事があります。

浄土真宗では、塔婆供養は行いませんので塔婆立てはいりません。

11.カロート

sekikan

「納骨棺」とも呼ばれ、お墓に遺骨を納めるためのスペースです。

地上式、半地下式、地下式などがあります。

地域で納骨方法や焼骨の骨壺の大きさが違います。

コンクリートよりも石棺が堅牢で綺麗です。

12.灯籠

灯篭

仏教では、暗闇(迷い)を破る灯明(依り所)という意味合いもあり、仏の供養のために良いこととされています。

この灯篭は、墓前灯籠と言われて、お墓に設置されますが、実際に灯を灯すことはありません。

13.外柵

外柵

墓所全体を囲む石組みを外柵とか巻石と呼びます。

敷地を区切るとともに、聖なる領域とを分ける結界として重要な意味を持ちます。

外柵には必ず入口を設け、石塔を守るよう柵を廻します。

14.玉垣

玉垣

外柵の上に彫刻を施した外柵を玉垣と呼び、背の低い柵のような形状となっているものが多いです。

お墓のデザイン性を高める意味合いもあります。

15.つくばい

つくばい

置き石に窪地を作り水をためたもので、いわゆる手水鉢(チョウズバチ)です。

本来はお墓参りの前に手を洗い清めるものです。

最近は装飾品として置かれることもありますが、少なくなりました。

16.玉砂利

那智黒

那智黒

白砂利

白砂利

五色砂利

五色砂利

墓地の手入れをしないと雑草が生えやすく、防ぐために玉砂利が用いられます。

コンクリートにして水抜きを作り、そのうえから玉砂利を敷けば草は生えません。

白い石は大変綺麗ですが、苔が生えることが有ります。

いろんな化粧砂利がありますので、デザインやお好みで選ぶことが出来ます。

17.拝石

排石

入口からお石塔へお参りする通路や墓石の前に敷く拝み石です。

この拝石の下お骨が納めることができる様にカロートを、おつくりすることがあります。

18.蓮華・スリン

蓮華

蓮華はお釈迦様の誕生を告げて花を開いたとされて、泥の池でもしっかりと根を張り、きれいな花を咲かせることから仏教のシンボルとして大切にされています。

さらにお釈迦様が蓮華台の上で瞑想されたとされていることから、お墓にも用いられるようになりました。

スリン

竿石のすぐ下の位置に、スリン(関西では、はさみ布団)石をつける場合もありますが、このスリンは蓮華を簡略化した物だという説が有力です。

蓮華の下にスリンを置く地域もあります。