お墓の用語集

GLOSSARY

鳥居 (とりい)

神社などの参道に立て、神域と人間が住む俗界を区画するもの(結界)であり、神域への入口を示している門です。

2本の柱と2本の横木で構成され、横木のうち柱上に渡すものを笠木 (かさぎ) ,柱の途中を固定するものを貫 (ぬき) ,笠木の下に重ねる横木を島木 (しまぎ) といいます。

明神鳥居などでは、貫と笠木の間に額束(がくづか)を建てることがあります。