仏事の用語集

GLOSSARY

鯨幕・蘇幕 (くじらまく)

白と黒の縞(しま)ストライプの幕。

主に、通夜や告別式の際に会場周辺につるします。

弔事に鯨幕が使用され始めたのは昭和に入ってからで、それ以前は黒い幕が、さらに古くは白い幕が使われていたとされています。

また、神社などでは慶事のときも鯨幕を使用することがあります。