仏事の用語集

GLOSSARY

高月・高杯 (たかつき・たかはい)

高月・高杯とは、葬儀の際にお供えをする食物を盛る脚付きの台で「高月」という別名で呼ぶこともあります。

仏教や神道で使われます。

高槻の配置は仏壇の2段目に、仏飯器の両隣に左右一対で配置する場合が多く、お菓子や果物などを置いて供えします。

仏教においては、香りが強く供え物としてはふさわしくないとされています。

ねぎ、にら、にんにく、らっきょう、はじかみの五つのことで、『五草』と呼ばれます。

これらを普通供えすることは、ほとんどありません。