仏事の用語集

GLOSSARY

香典 (こうでん)

仏式等の葬儀で、死者にゆかりのある者が,葬儀のときに霊前等に供える金品をいう。

香料ともいう。本来は香をすすめる、香を薫じて供えるという意味をもっていました。

現在では亡くなった人のためというより、近親者が葬儀の費用を分担するためのもの,近隣縁者の相互扶助的な意味をもつもの,膳につく者が自分の食い料を持寄るものの3つに分けることができる。

香典はいつ持参しても良いのですが、いちばん良いとされるのは通夜で、通夜に出席しないときは、告別式に持参します。