お墓の用語集

GLOSSARY

風輪 (ふうりん)

五輪塔(ごりんとう)は、平安時代後期からみられるようになり、主に供養塔・墓塔として使われる仏塔の一種で、下から方形の地輪、円形の水輪、三角の火輪、半月型の風輪、団形の空輪からなる。

仏教で言う地水火風空の五大を表すものです。

風鈴は、成長、拡大、自由を表します。