お墓の用語集

GLOSSARY

風水 (ふうすい)

都市や住宅・墳墓などを造る際に、地勢や方位、地脈や陰陽の気などを考え、吉凶禍福を決定するために用いられて来ました。

気の流れを物の位置で制御する思想で、堪輿(かんよ)ともいいます。

気の流れから、幸運が訪れる方法や場所、凶相を避ける方法などを示します。

地形読破の術、巒頭(らんとう)と、時間で変化してゆく天地間の気を判断する理気(りき)があります。

お墓にも「墓相学」というお墓の建て方や方角の吉凶を示すものがあります。