お墓の用語集

GLOSSARY

顔料 (がんりょう)

塗装材料に色を付けるためのものです。

溶剤である水や油に溶けきらず、反射または透過する光を変化させて着色します。

透明性はないが、耐水性があり、紫外線などへの耐候性もあります。

顔料を含む塗料の典型はペンキ(油性ペイント)で、墓石の文字の色で使う塗料は顔料系のものが多いです。

顔料が入っていない塗料をクリヤーといい、溶剤にとけるものは染料とよびます。

インパラブルーの結晶が大きくて多い原石を探しに出かけました。

» 続きを読む