仏事の用語集

GLOSSARY

須弥壇 (しゅみだん)

仏教寺院において本尊を安置する場所であり、仏像等を安置するために、周りより一段高く設けられた場所のことで、仏の座とも呼ばれます。

須弥山をかたどった形といわれ、平面は普通四角であるが,八角,円形などもあります。

須弥壇の上は仏の領域であり、直接諸仏を安置する場合と、厨子(ずし)又は宮殿(くうでん)を置き、その中に安置することもあります。