仏事の用語集

GLOSSARY

霊前祭 (れいぜんさい)

霊前祭とは、神道で行われる、仏教で言う法要にあたる祭式です。

翌日祭・十日祭・二十日祭・三十日祭・四十日祭・五十日祭・百日祭という風に続きますが、百日祭までを「霊前祭」、一年債からを「式年祭」といいます。

忌日は斎日と言われ、十日ごとに定められています。

供物のお供えをして、玉串奉奠を行いますが、自宅か斎場で行なわれ、神社では行なわれません。

十日祭から四十日祭は、近年では省略されて、年式祭は一年、三年、五年、十年、二十年、三十年と続き、百年祭まで続きます。

一般的には、一年祭まで行う家庭も多くなりました。

忌明けは五十日祭で、仏式の四十九日忌法要と同じですが、墓前で行う霊前祭になることが多いです。