お墓の用語集

GLOSSARY

雪見灯籠 (ゆきみとうろう)

雪見灯籠は、石灯籠の一つです。

形は、笠が大きく、一本から六本の多種類の脚を持って、水辺に多く使われます。

雪見灯籠以外にお墓に置く灯籠は、置灯籠あるいは墓前灯籠ともいわれます。

置灯籠は小ぶりで、墓前灯籠は背が高く、広い墓地に設置されることが多いです。

お墓に設置される灯籠は、お墓の入り口の両脇などに設置され、入り口を照らす役割と歓迎の意味もあり、お墓にも風情が漂います。