お墓の用語集

GLOSSARY

閉眼法要 (へいがんほうよう)

古いお墓を建て直したり、別の場所に改葬する際に行われる仏教的儀式で、魂抜き(たましいぬき)とも呼ばれ開眼供養の対義語です。

僧侶を招いて供養の読経を頂いて行う祓魂式のことで、入魂された霊験ある仏様を一時的に元の単なる造作物に戻すことでお精抜きとも言います。

お精抜き(おしょうぬき)は、入れた根性・正念・魂を抜くということです。

浄土真宗では、教義の違いにより閉眼供養を用いず「遷仏法要」又は「遷座法要」とします。