お墓の用語集

GLOSSARY

釋・釈 (しゃく)

釋)は浄土真宗の法名で一番上に使われる文字です。

浄土真宗では他の宗旨宗派と違い、居士や大姉というランクを表す位号は使われません。

釈に生前の名前から文字を取って「釈○○」の3文字にするのが一般的です。

釈(釋)は釈迦を表し、法名に釈(釋)の文字がつくことで、釈迦の弟子ということを示します。

法名は、存命中でも帰敬式に参加すれば授けられます。

「釈○○」が男性の法名で「釈尼○○」が女性の法名ですが、本願寺派では男女の違いはなく、二字法名を用いるようにという本山からの通達がされています。

親鸞聖人は『選択集』を書写した時に、法然上人から内題の文と「釈綽空」と親鸞聖人の名を書いてもらいました。

宗祖聖人のときから、浄土真宗では釈姓を授けられることが始まったと言えます。