仏事の用語集

GLOSSARY

釈迦 (しゃか)

釈迦の本名はゴータマ・シッダッタで、紀元前5世紀ごろの北インドの人物で、仏教の開祖である。

「釈迦族の聖者」という意味の「釈迦牟尼(しゃかむに)」が略されて釈迦と呼ばれるようになったとされている。

ブッダは「悟りを開いた人」を意味する釈迦の尊称であり、漢訳は仏陀。仏教ではこれらの呼称・尊称と敬称を組み合わせて、釈迦牟尼世尊、釈迦牟尼仏陀、釈迦牟尼如来としたり、またそれらを省略して、釈迦尊、釈尊や「仏様」、「お釈迦様」と呼ぶ。