仏事の用語集

GLOSSARY

通夜 (つや)

死者を葬る前に,近親者が一晩中故人に付き添い、邪霊の侵入を防ぎ、故人との別れを惜しむ儀式です。

「お伽(とぎ)」、「夜伽(よとぎ)」、「添い寝」などとも呼ばれました。

また、一般の弔問客を迎えて夜間に行う、1~2時間程度の半通夜(通夜式)を指します。

都合で葬儀や告別式に出席・参列できない時には、通夜に弔問します。

神式では「通夜祭」と、「遷霊祭」という神事それに続いてとり行われます。