仏事の用語集

GLOSSARY

通夜ぶるまい (つやぶるまい)

通夜は、僧侶による読経のあと、全員で焼香をして閉式となりますが、親しい弔問客が故人を偲んで軽い食事をする事を、通夜ぶるまいといいます。

参列した場合は快く受けて一時を過し、早めに切り上げるようにします。

退席時には遺族に励ましの言葉をかけるようにして帰ります。

通夜ぶるまいには、故人の供養として、わずかなものでも口に入れてもらうといった意味もありますから、友人や知人の通夜に参列した場合も、誘われたら一口でも箸をつけるのがマナーですが、長居はしない様にしましょう。

また、お清めとしてお酒がだされます。

かつては精進料理に限られていましたが、現在はそれほどこだわらず肉や魚が興され、あまりこだわらず、サンドイッチ、お寿司、オードブルなど、簡単につまめるものが一般的になっています。

また神道の場合は直会(なおらい)といいます。