お墓の用語集

GLOSSARY

逆修墓 (ぎゃくしゅぼ・ぎゃくしゅばか)

「逆修」という言葉には、仏教用語として幾つかの意味合いがありますが、生前に死後を考えて徳を積んでおくことで、良い意味の用語として使用されます。

生前に建てたお墓を生前墓と言いますが、寿陵墓とか逆修墓(ぎゃくしゅぼ・ぎゃくしゅばか)ともいいます。

生前にお墓を建てる(戒名を授かる)ことを良いことと考えられたことから、縁起が良いこととされます。

遺族の負担を減らせたり、自由にお墓を選べることからも生前にお墓を建てる人が多くなりました。