仏事の用語集

GLOSSARY

逆さ屏風 (さかさびょうぶ)

死者の枕元に屏風を逆さにしておくこと。

葬送儀礼において、日常生活での作法とは逆の作法で物事を行うこと。

たとえば、死装束(しにしょうぞく)を左前にしたりします。

また湯銭のお湯は、水にお湯を注いでぬるくします「逆さ水」。

死者のふとんを天地逆さにする「逆さ布団」といった作法が残されています。

死を生者の領域から隔絶させるための演出というべきもので、それが「逆さ事」という形であらわされました。

この世と死者の住む世界では、物事が逆になっていると信じられていたことから、かつては夜に葬儀を行っていました。

あの世は昼間で明るくて迷わずに済むという理由から、葬儀は夜に行ったといいます。