仏事の用語集

GLOSSARY

輪廻転生 (りんねてんせい・りんねてんしょう)

転生輪廻(てんしょうりんね)とも言い、死んであの世に還った霊魂(魂)が、この世に何度も生まれ変わり、死と転生を繰り返していくという考え方です。

仏教・ヒンズー教等、主にアジア各地の宗教で一般的な考え方であるが、仏教においては六道と呼ばれ、六つの世界の間での輪廻転生が行われると考えられている。