お墓の用語集

GLOSSARY

蹲 (つくばい)

つくばい(蹲居、蹲)というのは、日本庭園の添景物の一つで露地(茶庭)に置かれます。

背の低い手水鉢に役石をおいて趣を加えたもので、身をかがめて (いわゆる蹲って)手水(鉢)を使うところから出ている呼称です。

もともとは、茶事の際に客人が身を低くして、手水を使い心身を清めたのが始まりです。

茶室という特別な空間に向かうための結界としての意味合いがあります。

茶室に添えられる本格的なつくばいは、手水鉢(水鉢)を中心に、前石、手燭石、湯桶石水門で構成されています。