仏事の用語集

GLOSSARY

西方極楽浄土 (さいほうごくらくじょうど)

大乗仏教になって多くの仏菩薩が考えだされるようになったとき,それぞれの仏菩薩がそれぞれの浄土をもつという思想が現れた。

西方極楽浄土とは、仏教における聖域であり、理想の世界のことです。

極楽とは浄土宗でいう死後の世界で、「幸福のあるところ」という意味があります。

浄土は仏国土といい仏の国です。清浄な世界を指す言葉です。

極楽浄土には、阿弥陀仏が住んでいるとされています。

浄土宗では、誰でも南無阿弥陀仏をとなえれば、死後には極楽浄土へ行くことができる考え方をとります。

西方十万億土(さいほうじゅうまんおくど)の彼方にあるとされる極楽浄土では、苦しみや悩みから解放され、阿弥陀仏が法を説いている場所とされています。