お墓の用語集

GLOSSARY

衝撃吸収材 (しょうげききゅうしゅうざい)

石を積むときに、衝撃を吸収する素材を敷き、接着する工法で、衝撃吸収材としては、ゴム・シリコン・ジェル状のものを固めたものが広く使われています。

竿石に伝わる振動を軽減し、墓石自体に加工する必要がありません。

比較的短い時間で施工することができるため、人気が高い工法です。