仏事の用語集

GLOSSARY

行基 (ぎょうき)

奈良時代の僧。俗姓高志 (こし) 氏。

15歳で出家し,薬師寺で義淵らについて法相 (ほっそう) を学び,さらに山林で禅定 (ぜんじょう) を修した。

当時の律令国家から弾圧されることもあったが、諸国を巡って道を造り橋を架け、灌漑用の池を掘るなどして、民衆から支持が厚かった。