仏事の用語集

GLOSSARY

葬列 (そうれつ)

葬列とは、野辺送りとも言われ遺族や近所の人、関係者が行列を組み、遺体を火葬場や墓地へと運んで行ったことを指す言葉です。

現代では、遺体の運搬機能は霊柩車が担い、遺族や親族が、バスなどに乗って、火葬場へ向かうことが一般的になりました。

地域により違いがありますが、位牌を持つのは家の承継者にあたる者など、それぞれ役割が決まっています。

死を告知し、告別するものとしての葬列は、葬儀の中心的役割を果たす役割でしたが、近年では告別式という儀式に変わりました。