仏事の用語集

GLOSSARY

菩薩 (菩薩)

仏の位の次にあり、悟りを求め、衆生を救うために多くの修行を重ね人々と共に歩み、教えに導くということで、庶民の信仰の対象ともなる。

文殊 (もんじゅ) ・観音・弥勒 (みろく) ・勢至 (せいし) ・普賢 (ふげん)菩薩が などが、日本で広く信仰される。