仏事の用語集

GLOSSARY

臨終 (りんじゅう)

死を迎える直前の時期で、臨命終時の略です。

息を引き取ろうとするとき、または息を引き取った直後のことです。

僧侶が,説教をして引導を渡すことがありますが、臨終時に平静に乱れずに死ぬための,臨終行儀です。

仏式では、表の戸口に忌中札が貼られ、神道では、臨終とともに、神棚に向かい祖霊に対し、死を報告し、扉を閉ざして白い紙を貼って、封をします。

カトリックでは、枕もとに神父を招き、告解と塗油の秘跡を行い、プロテスタントでは、牧師を呼び、納棺式を行なわれます。