仏事の用語集

GLOSSARY

聖体拝受 (せいたいはいじゅ)

キリストの血と肉を象徴する、ブドウ酒とパンを、信者会衆に分け与える儀式の事を言います。

ミサ聖祭のさい、聖体拝受の祈りと言葉を唱え、死者の冥福を祈るうちに儀式が進められます。

聖体拝受は主にカトリックにおける用語で、プロテスタントでは聖餐式と呼ばれます。

カトリックでは、パンの代わりにホスティアと言う薄いウエハースのようなお菓子を食べることもあります。