お墓の用語集

GLOSSARY

線彫り (せんぼり)

「線彫り」は非常によく使われる彫り方の一つで、すじ彫りともいわれます。

輪郭部分のみを約4~5mmの太さで彫る彫り方で以前はイラストなどの彫刻に使われたが、近年では正面文字にも使われるようになった。

細かい線を表現することが出来ますが「線彫り」の性質上、深みのある立体感を出す事は困難です。