お墓の用語集

GLOSSARY

納骨堂 (のうこつどう)

骨壺に入れた遺骨を保管、安置しておく施設のことです。

納骨殿、霊堂などとも呼ばれる。

法律上は、都道府県知事の許可を受けた焼骨を預かる施設で、一時預かりと長期の預かりがあります。

屋内にある場合がほとんどで、天候を気にせずに利用できるメリットがある。

仏教だけではなく、神道、道教、キリスト教においても同様の施設が見られる。