お墓の用語集

GLOSSARY

節税 (せつぜい)

法(租税法)の想定する範囲で税負担を減少させる行為です。

不正な行為により納税を免れる脱税、法の想定外の異常な形式を利用して税負担を減少させるのが租税回避です。

お墓の節税ですが、生前に購入しておくと、相続人であるお子様などが相続される際、お墓は「非課税財産」だから、相続税の課税対象にはなりません。

非課税財産とは、墓地や墓石、仏壇、仏具、神を祭る道具など日常的に礼拝をしている物です。

骨とう的価値や投資の目的になるものや商品として所有しているものは相続税がかかります。